重要なお知らせエリアを非表示

杉本果樹園 八寿みかん

杉本果樹園

わたしたちの園地は、愛媛県の西部・八幡浜市から南へ続く美しいリアス式海岸に沿って穏やかな内海に面する南西部のみかんの生産地として有名な真網代(まあじろ)、穴井(あない)にあります(通称:真穴)。遙か太平洋へと波打つ宇和海に面し、背には段々畑が広がっています。 産地全体が南から西に向けた海岸に位置し、西より照りつける太陽と潮風のあたる愛媛みかん王国の名産地です。 杉本果樹園は1917年に創業して100年あまり、約3ヘクタールの園地で年間約7トンほどの柑橘を生産しております。 主力商品は温州みかんで、そのほか甘平、せとか、ぽんかん、デコポン、清見タンゴール、サンフルーツ、無農薬レモンなどなどを生産しております。 真穴のみかんは、3つの太陽が育むと言われています。「太陽光」「海からの反射光」「石垣からの輻射熱(ふくしゃねつ)(照り返し)」の3つです。またこの土地は、宇和海側に面していることもあって、海風にさらされて、ミネラルをたっぷり含んだ土が良い土壌となって、栄養価の高いみかんを育みます。 真穴のみかんの特徴は、まず3つの太陽が作り出す濃厚な甘さ。そしてその甘さを下支えする口の中で上品に広がる酸味。そして他のみかんにはない1番の特徴が果肉を包む薄皮(じょうのう膜)の薄さです。それらが食感の良さや食べやすさを生みます。みかんを苦手にしていた子供が真穴のみかんを食べてから、みかんが食べられるようになったという話をよく聞きますが、薄皮が口の中で溶けてなくなるかのような食べやすさが原因かと思います。

Access アクセス

杉本果樹園 〒796-8053 愛媛県八幡浜市真網代丙378 TEL&FAX 0894-28-0538 MAIL sugimotokajuen@gmail.com
SHOPPING GUIDEエリアを非表示
FAQエリアを非表示